MENU

鼻中隔延長

鼻先の長さ、角度を整える鼻中隔延長

鼻中隔延長

こんな方におすすめ

  • 鼻の穴が目立つ方
  • 鼻が短い方
  • 鼻先を下に伸ばしたい方

鼻中隔延長の施術方法

鼻中隔(左右の鼻の間にある壁)に軟骨を縫い付けることで、鼻先を下方に延長します。
移植する材料は主に鼻中隔軟骨や肋軟骨です。

鼻中隔延長

550,000円(税込)

鼻中隔延長の画像 鼻中隔延長の画像

施術の流れ

1カウンセリング

なりたい鼻の形や高さをシミュレーションします。手術の方法、術後経過、リスクや保証などのお話をいたします。

2マーキング

手術室で鏡を見ながら作りたい鼻の形や高さなどを決めていき、マーキングしていきます。

3麻酔

手術は局所麻酔や静脈麻酔を用いて行います。

4施術

静脈麻酔の方であれば、手術は寝ている間に終わってしまいます。
局所麻酔の方は、痛みはありませんが触られている感覚は残ります。

5術後

直後の仕上がりを一緒に確認したあとに、お鼻の固定を行います。直後の仕上がりを一緒に確認したあとに、お鼻の固定を行います。

                            
注意事項
処置時間約90分程度
手術当日1週間はギプス・テープによる固定を行います。シャワー浴は当日から可能ですが、お顔やギプスは濡らさないようご注意ください。固定がはずれた1週間後から水洗顔も可能となりますが、傷口はやさしく洗ってください。洗顔料を使用した洗顔は抜糸後から可能となります。
日常生活岩盤浴、サウナなど血流を促進させるような行為は1週間はお控えください。入浴は1週間後から可能です。うつ伏せに寝る、鼻をかむなどの鼻の負担になる行為は1カ月お控えください。1カ月間はできるだけ触ったりこすらないようにしてください。
痛み痛みなどには個人差がありますが、2週間~4週間で落ち着いてきます。
術後1カ月程度は傷の赤み、盛り上がりが目立ちますが徐々に落ち着いてきます。傷跡の完成は1年です。
メイク鼻以外のメイクは当日から可能です。鼻のメイクは抜糸後翌日から可能となります。
通院ギプス・テープ交換の為、3日後にご来院いただきます。抜糸、ギプス・テープ固定外すため1週間後に再度ご来院ください。その後は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後に検診でご来院いただきます。
リスク湾曲、低矯正、過矯正、感染など
保証医師が診察の上必要と判断したものは修正手術無料(期間1年)