MENU

ボトックス

表情ジワの改善と予防にボトックス注射

ボトックス(ボツリヌストキシン)
治療について

ボツリヌストキシン治療は、表情ジワの原因となる表情筋の緊張や過度なコリをやわらげてシワを目立たなくする治療です。
また、現在あるシワを目立たなくさせるだけでなく、これからできるシワの予防にも役立ちます。
その他にも肩凝りや多量な発汗を抑えることができるなど、様々なお悩みに対して有効です。

「ボトックスビスタ」とは?

当院でお顔に使用するボトックスビスタ®は、日本で唯一厚生労働省が承認したアラガン社のボツリヌストキシン治療製剤です。
日本の基準での有効性や安全性が評価され、厳しく管理・保管されています。
また、ボトックスビスタ®による治療ができるのは、所定の講習を受け、認定された医師のみです。

「ボツラックス」とは?

ボトックスビスタがアメリカのアラガン社が製造しているのに対し、ボツラックスは韓国のヒューゲル社が製造しています。
ボツラックスは、臨床治験をしっかりと行っておりKFDA(韓国食品医薬品安全庁)が安全性と効果を認可している薬剤です。

ボトックス

こんな方におすすめ

  • 表情によるシワが気になる方
  • 将来できるシワの予防をしたい方
  • 咬筋の発達によりエラが張って見える方
  • 肩凝りで肩が張っている方
  • 脇汗が気になる方

ボトックスの施術方法

施術方法

シワの原因となる表情筋に、ごく細い針で少量の薬剤を注射します。治療時間はわずか10分程度(※)です。
また、手術などとは違い基本的には麻酔は不要で、通院や入院の必要もありません。治療当日から普段通りの生活を行っていただけます。
※施術時間は注入部位や患者様により異なります。

より効果的な表情ジワ治療

治療を受けてから3~4ヶ月で、治療前の状態に戻ります。そこで治療をやめずに3~4ヶ月ごとに継続すれば、若々しい印象のまま保つことに繋がります。
また、声を出して笑った時やスマートフォンに集中している間などにできる無意識の表情ジワが、深いシワに定着してしまう前に早めの治療をおすすめいたします。

効果の現れ方と持続について

一般的に、治療の2~3日後から効果を感じられるようになります。
個人差はありますが、おおよそ3ヶ月~4ヶ月程度効果は持続しますが、時間の経過とともに治療の効果はだんだんと薄れて元の状態に戻ります。
治療によって元の状態よりひどくなることはありません。

お身体のボトックス注入治療

肩や首などの慢性的なコリにお悩みの方、肩の張りを抑えて首を長く見せたい方などにおすすめの肩ボトックスや、ふくらはぎの筋肉が発達したくましく見えてしまうのがお悩みの方におすすめなふくらはぎボトックス、脇汗を抑える脇ボトックスなど様々なお悩みに合わせて治療がございます。
当院ではお身体のボトックス治療にはボツラックスを使用しています。

料金 表情筋ボトックス
【対象部位】眉間、額、目尻、バニーライン、口角、顎、人中

1箇所

11,000円(税込)

2箇所

20,900円(税込)

3箇所

29,700円(税込)

4箇所

38,500円(税込)

5箇所

46,750円(税込)

エラボトックス

50単位

33,000円(税込)

50単位(ボツラックス)

16,500円(税込)

肩ボトックス

50単位

33,000円(税込)

100単位

60,500円(税込)

50単位(ボツラックス)

16,500円(税込)

100単位(ボツラックス)

30,250円(税込)

脇ボトックス

50単位

33,000円(税込)

100単位

60,500円(税込)

50単位(ボツラックス)

16,500円(税込)

100単位(ボツラックス)

30,250円(税込)

ふくらはぎボトックス

50単位

33,000円(税込)

100単位

60,500円(税込)

50単位(ボツラックス)

16,500円(税込)

100単位(ボツラックス)

30,250円(税込)

ボトックスリフト

25単位

55,000円(税込)

注意事項

処置時間約10分~15分程度
施術当日赤みや痛みなどが出た場合は、保冷剤で冷やすと痛みが和らぎます。
激しい痛みや異常を感じた場合は、すぐにクリニックへご連絡ください。
日常生活注入後24時間は飲酒、激しい運動、サウナなど血行を促進するような行動は避けてください。
また、治療後1週間は注入部位のマッサージや圧迫は行わないでください。
痛み注入前には施術部分のクーリングを行いますので、ほとんどの方は強い痛みを感じずに施術して頂けます。
痛みが不安な方は医師にご相談下さい。
メイクメイクは施術から5時間程度は控えるようにしてください。
その後も注入部位を押すなど、刺激するようなメイクは行わないでください。
通院続けて効果を実感したい場合は定期的な治療をおすすめいたします。
続けての治療をご希望の場合は医師にご相談ください。
リスク・副作用注射部位の内出血、局所的な痛みや赤み、腫れ、筋肉の部分的な脱力、あざ、皮膚のつっぱり感、頭痛や吐き気、無感覚や逆にチクチクする感覚、注入の部位により眼瞼下垂のリスクがあります。
※薬剤の効果が弱まると元に戻ります。

よくある質問

質問ボツリヌスは毒なのですか?
質問治療後の日常生活で注意することはありますか?
質問注入部位の痛みや赤みが気になるときはどうすればいいですか?
質問痛くないですか?
質問次回注射するタイミングは?
質問前回効きすぎた気がします。
質問顔が不自然に見えることはありませんか?
質問ボツリヌス治療には種類はありますか?