MENU

下まぶた / クマ治療

スッキリしたハリのある目元に下まぶた/クマ治療

目の下の脂肪取り

こんな方におすすめ

  • 影クマのせいで疲れた、老けた印象を与える方

目の下の脂肪取りの施術方法

目の下の眼窩脂肪の膨らみを取り除くことで
影クマを改善させる手術です。
目の下のくぼみが目立つ方や
青クマを合併している方には
脂肪注入を同時にオススメすることもございます。

目の下の脂肪取り

220,000円(税込)

目の下の脂肪取りの画像 目の下の脂肪取りの画像

施術の流れ

1カウンセリング

脂肪取りの適応があるか判断し、シミュレーションします。手術の方法、術後経過、リスクや保証などのお話をいたします。

2マーキング

手術室で鏡を見ながら脂肪を取る位置を決めていき、細かくマーキングしていきます。

3麻酔

手術は局所麻酔や笑気麻酔を用いて行います。局所麻酔の際には少しだけチクッとする痛みがあります。 ※局所麻酔は料金に含まれています。笑気麻酔は別途費用がかかります。

4施術

麻酔が効いてしまえば痛みを感じることはありませんが、触られている感覚は残ります。施術中は、患者様に安心していただけるようにお声掛けしながら行っていきます。

5術後

直後の仕上がりを一緒に確認したあと、目元を15分間冷やします。

                       
注意事項
処置時間約30分程度
手術当日手術当日と翌日は目元を保冷剤でよく冷やしてください。当日洗顔する場合は、まぶたを優しく水洗いしてください。シャワー浴は翌日から、洗剤を使った洗顔は抜糸後から可能です。
日常生活運動・飲酒・サウナなど体を温めるようなことは、1週間はお控えください。入浴は3日間後より可能となります。コンタクトレンズは1週間はお控えください。
痛み痛み・腫れ・内出血は個人差がありますが、2~4週間程度で落ち着いてきます。
メイク当日のメイクはお控えください。翌日よりメイク可能です。
通院通院の必要はございません。
リスク一時的な血まじりの涙、白目の浮腫み、内出血、低矯正、過矯正、異物感、感染、左右差、イメージ違いなど

目の下のたるみ取り(ハムラ法)

こんな方におすすめ

  • 影クマのせいで疲れた、老けた印象を与える方
  • 下まぶたのたるみを取り除き若返りたい方

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の施術方法

下まぶたのたるみを取り除くことで
シワを改善させる手術です。
目の下のくぼみが目立ち、
眼窩脂肪の膨らみがある場合には
脂肪を目の下に移動させて
くぼみを埋めることができます。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)

330,000円(税込)

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の画像 目の下のたるみ取り(ハムラ法)の画像

施術の流れ

1カウンセリング

たるみ取りの適応があるか判断し、シミュレーションします。手術の方法、術後経過、リスクや保証などのお話をいたします。

2マーキング

手術室で鏡を見ながら脂肪を取る位置を決めていき、細かくマーキングしていきます。

3麻酔

手術は局所麻酔や笑気麻酔を用いて行います。局所麻酔の際には少しだけチクッとする痛みがあります。 ※局所麻酔は料金に含まれています。笑気麻酔は別途費用がかかります。

4施術

麻酔が効いてしまえば痛みを感じることはありませんが、触られている感覚は残ります。施術中は、患者様に安心していただけるようにお声掛けしながら行っていきます。

5術後

直後の仕上がりを一緒に確認したあと、目元を15分間冷やします。

                       
注意事項
処置時間約60分程度
手術当日手術当日と翌日は目元を保冷剤でよく冷やしてください。当日洗顔する場合は、まぶたを優しく水洗いしてください。シャワー浴は翌日から可能です。洗顔料を使用した洗顔は抜糸後から可能となります。
日常生活運動・飲酒・サウナなど体を温めるようなことは、1週間はお控えください。入浴は3日間後より可能となります。
痛み痛み・腫れ・内出血は個人差がありますが、2~4週間程度で落ち着いてきます。
メイク当日のメイクはお控えください。抜糸後翌日からメイク可能です。
通院1週間後に抜糸でご来院、その後は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後に検診の為ご来院いただきます。
リスク一時的な血まじりの涙、白目の浮腫み、内出血、低矯正、過矯正、異物感、感染、左右差、イメージ違いなど

切らない涙袋形成

こんな方におすすめ

  • 永久的な涙袋が欲しい方
  • ぷっくりした愛らしい
    目元になりたい方

切らない涙袋形成の施術方法

まぶたの裏から糸で吊り上げることにより涙袋を形成します。
涙袋があると目が大きく見え可愛らしい印象になります。

切らない涙袋形成

275,000円(税込)

切らない涙袋形成の画像 切らない涙袋形成の画像

※目の下の脂肪取りと同時施術で220,000円(税込)

施術の流れ

1カウンセリング

作りたい涙袋の大きさをシミュレーションします。手術の方法、術後経過、リスクや保証などのお話をいたします。

2マーキング

手術室で鏡を見ながら涙袋の大きさや吊り上げる位置などを決めていき、細かくマーキングしていきます。

3麻酔

手術は局所麻酔や笑気麻酔を用いて行います。局所麻酔の際には少しだけチクッとする痛みがあります。 ※局所麻酔は料金に含まれています。笑気麻酔は別途費用がかかります。

4施術

麻酔が効いてしまえば痛みを感じることはありませんが、触られている感覚は残ります。施術中は、患者様に安心していただけるようにお声掛けしながら行っていきます。

5術後

直後の仕上がりを一緒に確認したあと、目元を15分間冷やします。

                            
注意事項
処置時間約60分程度
手術当日手術当日と翌日は目元を保冷剤でよく冷やしてください。当日洗顔する場合は、まぶたを優しく水洗いしてください。シャワー浴・洗顔料を使用した洗顔は翌日から可能です。
日常生活運動・飲酒・サウナなど体を温めるようなことは、1週間はお控えください。入浴は3日間後より可能となります。コンタクトレンズは1週間はお控えください。
痛み痛み・腫れ・内出血は個人差がありますが、2~4週間程度で落ち着いてきます。
メイクメイクは術後5日目より可能です。
通院通院の必要はございません。
リスク一時的な血まじりの涙、白目の浮腫み、内出血、低矯正、過矯正、異物感、感染、左右差、イメージ違いなど
保証医師が診察の上修正が必要と判断したものは修正手術無料(期間1年)